化粧


ここは主に擬人化を取り扱っているブログです。必ず『はじめに。』にお目通しくださいませ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    年籠りとは言えないけれど
    0

      はぁっと息を吐き出せば、白い靄が溶けて消えていく。
      その靄を追うように見上げた空は、一面の星に覆われていた。
      冬の夜空の美しさというものは、何とも言い表しがたいものだと思う。


      「なーなー、椿ちゃんどうだった?」


      見上げていた星空から視線を落とすと、同時に抱き着いて来ようとする気配を感じ、ぺしんと相手の額を押さえる。
      あぅ、と申し訳程度に漏らした声の主は、気にした様子もなくへにゃりと破顔してみせた。


      「おみくじ、どうだった?」


      にへにへと締まりのない顔で距離を埋めようとしてくる背の君の額を押し止めたまま、手元の紙に書かれた小さな字を辿る。
      はっきりとはいかないまでも、満月に近い月明かりのおかげで読み取ることはできた。
      神籤に書かれている吉凶は、『吉』。
      昨年は中吉だったから、今年はもう少しいいことがあるのだろうか。
      あるといいのですけど、と口の中で呟いて、かじかんだ手を重ね合わせる。吐き掛けた息の温かさは一瞬で、手袋でもしてくればよかったと、消えていく白い息を見てぼんやりと思った。

      現在の時刻は午前零時過ぎ。
      薄暗い寂れた境内には人の気配どころか生き物の気配すらなく、耳鳴りさえ聞こえてきそうなほどの妙な静寂を保っている。
      年が明けてすでに二日経っていることや、この神社自体人目を忍ぶように建てられていることもあり、ある種の心霊スポットのようなこの場所に、真夜中にやってこようとする物好きはそうそういないようだった。

      その物好きが自分だと言われるのは心外だけれど、年が明けて二日目の夜のこの神社への初参り。
      これは屋敷に住み始めてからの習慣だった。

      この神社の近くにはもうひとつ大きな神社があり、大体の人はそちらに流れていく。
      対するこちらは知っている者のほうが少ない小さな神社だが、寂れ具合といいこじんまりとした佇まいといい、なんとも趣のある様が気に入っていた。
      なにより人が少ない。というよりいない。


      「んーと、吉?」
      「はい。けれど蒲公英さま……他人のおみくじは、あまりみるものではありませんよ…?」
      「えー?」


      手元を覗き込んでくる背の君を軽く制し、神籤を折りたたむ。
      実際どうなのかは知らないが、なんとなく、そちらのほうがご利益がありそうな気がする。

      小銭を入れて御籤を引いている背の君を眺めていると、無意識に手に力が篭る。
      くしゃりと音を立てた神籤に書かれていた内容を思い出し、軽く溜息を吐いた。


      「蒲公英さま、蒲公英さま。あなたさまは……すでに初参りをすませているのではございませんか」
      「そうだけどさー、もっかい記念」
      「おみくじ、一度ひかれたのでしょう」
      「だから記念だってー」


      せっかくだし、と笑う背の君はとてもかわいらしい。
      何の記念なのかはさっぱりわからなかったけれど。

      文字通りこれが初参りの自分と違い、背の君はすでに初参りをすませている。
      昨日友人たちと出かけていたようで、りんご飴とたい焼きをお土産に買ってきてくれた。
      そのお土産のせいで散々な目に遭ったものだが、それら自体はとてもおいしかったのでまあよしとする。というより、早く昨日のことを忘れたい。
      そうでなければ、きっと恥ずかしさで死ねる。

      何はともあれ、背の君は初参りをすませている。
      だから申し訳ないし別に付き合ってもらわなくともかまわない、とやんわり伝えたのだが、今にも泣きそうな顔で訴えかけるように見つめられては、黙って頷くより他になかった。
      さながらアイフルだろうか。くぅちゃんよりはかいくん派なのに。

      どこで覚えてきたのか知らないが、ああいう無言の抗議をされるとつらい。
      散々甘やかしているという自覚はあるものの、そのうち甘やかしてはいけない一線まで越えてしまいそうで、早いうちに手を打っておかなければ手遅れになりそうだ。


      「ほんとうに…どうしたものでしょうか…」
      「椿ちゃん、ほら大吉だったー」


      にこにこと神籤を枝に括りつけている背の君は、神籤を信じているのか信じていないのかわからない。
      ふぅと重く息を吐いて、背の君の隣に並んだ。
      細長く折った神籤を、隣の枝に結ぶ。


      「あれ、大吉って持って帰ったほうがいいんだっけ?」
      「いえ……吉凶は関係ありません。自分にとって、好ましくないおみくじをこの場でむすびつけるのです。しるされている教訓を戒めるようもちあるき、のちにお礼をこめて納めるかたもおおいのですよ」
      「椿ちゃん、嫌なこと書いてあったのか?」


      首を傾げる背の君に、いいえと緩く首を振る。


      「ようは、気のもちようです。おみくじにきまった作法はありませんし……むすぼうともちかえろうと、かまわないのですよ」


      何事も己次第なのです。
      そう言って、かじかむ手に息を吐きかける。

      ふーんとよくわからない返事をくれた背の君は、神籤を一瞥すると、ぽすりと後ろから抱きすくめてきた。
      反射ではねた体を押さえつけて、風を起こさないよう努める。
      以前は意思に関係なく吹っ飛ばしたり引っ叩いていたりしたものの、最近はその回数も減ってきた。慣れたからかと言われれば違うが、少しは成長しているのだと思いたい。


      「椿ちゃん手つめたーい」


      ご丁寧に逃がさないよう腰に片腕を回し、片手を私の手に添えて。
      耳の近くで聞こえる声は、とても楽しげだ。


      「蒲公英さまも、つめたいではありませんか……」


      自然と熱を持つ頬に、さらりとした髪が触れる。
      若干痛んだその肌触りには慣れたものだが、触れ合う感覚はいつまで経っても慣れない。
      よくよく考えれば、最近スキンシップが激しい気がする。

      抱きついてくる頻度が増えた。
      意味もなく押し倒される。
      事あるごとに口付けてくる。
      何が楽しいのかよく頬擦りされる。

      嫌なわけではないし、恥ずかしいとはいえ嬉しいことに変わりはないのだけれど、なんとなく釈然としない物が残るのは何故なのだろう。


      「……」
      「?」
      「――」
      「いてっ」


      見上げる視線に気付いた背の君がへらりと笑う。
      それについ手が出てしまった。
      最近反射で引っ叩いてしまっている気がする。気をつけなければ。


      「椿ちゃんひでー」


      そう言って頬を押さえる背の君に素直に謝ることができないのは、言葉に反して、その声音と表情が愉悦を含んでいるからだと思う。
      いつも通りと言えばいつも通りなのだけれど、どうにかならないものだろうか。
      きらきらとしたとても愛らしい背の君に溜息を吐き、額にかけた面を付け直して神前へと向かう。

      賽銭を投じ鈴を鳴らし、頭を下げて拍手を打つ。
      祈願するのは、商売繁盛。
      お願いしますともう一度頭を下げて、面を上げて向き直る。

      捻りのない二礼二拍手一礼だが、今年の初詣も恙無く終えることができた。
      なんだかんだとありつつも充実した一年だったと昨年を思い起こし、今年も満ち足りた年になればいいとしみじみと思う。

      しばらくはふつふつと浮かぶ昨年の情景に思いを馳せていたのだが、やけに静かな背後が気になった。
      また禄でもないことでもしているのだろうかと振り返ると、ぱちりと黄色い瞳とかち合う。
      段を降りた石畳の上、意外にも大人しくこちらを見上げている黄金色の君。
      ぱちぱちと目を瞬かせる自分とは対照的に、背の君はやわらかく笑って見せた。


      「お参り、おわった?」
      「……はい」


      つられるように自然と頬が緩み、応える声は自分でもわかるほど甘さを含んでいる。
      それが意外だったのか、背の君がわずかに首を傾けた。
      一拍おいて、おいでーと広げられる腕。

      ぽすんとそこに納まると、さらに意外そうな気配が伝わってくる。
      鼻腔をくすぐる香りは大好きなもので、きゅうっと胸元に顔を埋めた。


      「今年もとても、いい年になりそうです」
      「そう?」


      へらりと笑う背の君に、そうです、とほころんだままの顔で答える。

      向けられる幼さを残した笑み。
      髪を撫でる大きな手。
      包んでくれる優しい腕。
      ふわりと広がる柔らかな香り。
      私の名を呼ぶ明るい声。

      これをしあわせと呼ばずして、なんと呼ぶのだろう。

      髪をすべる指の感触に目を細めて、回した腕はそのままに背の君を見上げる。
      月明かりに照らされた瞳はいつも以上に蟲惑的に見えて、うっとりと感嘆の息を吐いた。
      その瞳に映ることが私の何よりの悦びだと、この方は気付いているのだろうか。


      「――昨年よりもずっとずっと、お慕い申し上げます。蒲公英さま」


      今年もあなたさまが、笑っていてくださいますよう。
      そう願うのは神ではなく、私自身に。

      蒲公英さまを幸福にするのは、わたくしなのですから。







      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆





      遅くなりましたが、カサモチ様にいただいたお年賀イラストのお礼文です。
      本当に遅くなりました(泣
      一月…まだ一月だから…!

      なんだか久しぶりな気のするぽーつばです。
      今年も椿はぽーちゃんが大好きです。げきらぶ。

      椿はぽーちゃんに触られるのは恥ずかしいけど、自分から触るのは平気。
      だから結構自分からくっついていったりしてる。
      抱き着いたりとかよりは、手握ったり頭撫でたりたまに抱きしめたり手握ったり。

      カサモチ様、素敵イラストをありがとうございました!
      本年も宜しくお願い致します(*`◇´*)ゞ

      小話小ネタ諸々 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あめよ - -
      お仕事を始めましょう。
      0

        三が日も明けた仕事始め。
        あと数時間もすれば、正月休みを終えた秘書がやってくるだろう。
        正月の過ごし方についてはぽつぽつ世間話として話していた気がするが、どこでどう過ごすのかといった話まではしていない。
        精々めでたい休みをめでたく過ごしていればいいと思う。
        年末も正月も関係ない年中無休の自分がそう思ってみても、あまりしっくりはこないものだが。

        曇らないよう眼鏡を額へ押し上げ、湯気の立つカップに口をつける。
        独特の苦味と、温かさを通り越した熱さが口内に広がる。コーヒーにしろ何にしろ、適切な温度と
        いうものがあるのは知っているが、わざわざそんな七面倒臭いことをしてまで美味しいコーヒーとやらを飲みたいとは思わない。
        豆自体は高級と呼ばれているものなのだから、どれだけ適当に淹れようとそれなりの味にはなっているだろう。
        秘書に言わせると、良い物なのだからより良い方法で淹れてこそ、らしいが。

        舌を焼く熱さを喉の奥へと押しやり、ふっと息をつく。吐き出した息は白くはならない。
        外は冬らしい寒さを保っている上、ここは地下だ。加えて暖房器具の類もない。それでも年がら年中素肌にコート一枚でいられる適温に保たれる室内。

        ひとつ例を挙げるなら、椿の屋敷も同じ原理だろう。
        ひとり、正確に言えば今はひとりではないが、それでも二人と一匹で住むには広すぎる屋敷。
        その屋敷は、手入れをしなくとも保たれる。
        掃除をしなくとも埃は溜まらないし、窓がくすむこともなければ、建物自体が朽ちていくこともない。いっそ芸術だともいえる庭は、池の水はいつでも透き通ったまま、季節になれば折々の花や々が咲き乱れ、雑草が生い茂ったりもしない。
        実際には今、椿が簡単な掃除や手入れをしているらしいのだが。
        それでも、先代椿が世を捨て屋敷を去り、当代の椿が戻ってくるまでの十数年、誰も立ち入ることのなかったその屋敷は変わらずそこにあった。何ひとつ変わらず、美しいままで。

        少し距離があるとはいえ、その屋敷から直結しているこの地下屋敷にも、そういった都合のいい付属がなされているのだろう。
        本当に、おあつらえ向きなことだ。

        その屋敷をわざわざあつらえた連中のことも記憶を紐解けば見つかるのだろうが、あまり気持ちのいい思い出ではなさそうだったため、記憶の箱の奥深くへと仕舞い込んでおいた。ついでに鍵でもかけておこうか。

        まだ冷めないコーヒーが揺れるカップをソーサーに戻し、軽くこめかみを押さえる。
        屋敷や諸々をこしらえた時代のことは本当に嫌な出来事しかなかったようで、つられるように頭が痛んだ。その時代の自分はよほど苦々しい思いをしていたに違いない。
        しっかりとその記憶に鍵をして、成仏しろよとかつての自分を慰めた。

        花としての特性なのかどうなのか、ムスカリは代々の記憶が消えることはない。
        忘れないというよりは、文字通り消えない。
        歴代のひとりひとりはきちんと個人を確立している。先代の人格を引きずることはない。

        けれど、残っている。
        記憶自体を、ひとつの箱として。

        ひとりのムスカリとしての記憶がひとつの箱として、頭の中に残っている。
        だから先ほどのように、思い出そうとその箱を開ければ、必然的にその時代の他の出来事まで思い出してしまう。
        辞書のようで便利だと思われるかもしれないが、案外使い勝手が悪いのだ。開けていない箱のほうが多いのだし。数十代前くらいまでなら暇なときに遡ったこともあるが、大体は必要なものを必要なときに引っ張り出してくる程度だ。

        そうでもしなければ、さすがに頭が持たない。
        記憶量のこともあるが、問題はその質だ。
        平穏に過ごした時代の記憶はまだいい。ごく最近のことを言えば、先代のムスカリが非常に和やかな生涯を送っていた。

        問題は、穏やかに過ごさなかった頃の記憶である。
        過ごせなかったのではなく、過ごさなかった頃の。

        比較的事務的というか達観しているような性質の多いムスカリという花の中でも、極々一部、変態や狂人といったものに区分される存在がたしかにいたのだ。
        ここでいう変態や狂人とは一般に区分されるものではなく、あくまで自分達、歴代のムスカリ自身がそう結論付けたものを差す。
        達観というか諦観というかが根底にあることの多いかつての自分たちがそう思うのだから、どれほどのものだったかは推し測ってほしい。
        まだ幼かった頃に好奇心でうっかりその箱を開けて、危うく廃人になりかけたのは思い出したくもない失態だ。

        おかげでこの二十年弱、厳重に鍵のかかった箱には触れていない。
        脳内に存在するそのいくつかの箱は、まぎれもないパンドラの箱だ。希望が入っているかもわからない。
        先人の教えには従うべきなのである。

        めんどくせーなともう一度こめかみを揉んで、零れてきた髪を耳にかけた。
        残ったコーヒーを啜りながら、適当な書類に目を通す。いつのころからかこういった裏方の面倒な仕事を請け負うようになったが、本来ならば自分の仕事ではなかった。元々はすべて椿の仕事だ。もちろん手伝う程度のことはしていたが、天秤が徐々にこちらに傾いていき、今ではこの様だ。

        なぜそうなったのかといえば、要は甘やかしたのだ。
        かつての自分が、当時の椿を。

        もちろん歴代の中には厳しい人格を持つ者もいたが、そんな人物は稀だ。
        ある者は押し通され、ある者は苦言を呈すこと自体を面倒がり黙認し、ある者は率先して仕事を片付けた。
        甘やかしたというより流されたと言ったほうが正しいかもしれないが、その積み重ねがこの書類の山である。

        俺が言えた事じゃねーんだろうがな、と机どころか床にまで山と積まれた書類に手を置いてひとりごちる。
        甘やかしたというなら、自分も甘やかしたのだから。


        『あとのことは、頼む』


        すべてを放り出したあいつを止めなかった。
        すべてを押し付けたあいつを責めなかった。

        残ったコーヒーを一気に流し込み、自業自得だと自分を嘲る。
        結局当代の椿もたいした役には立っていない。あいつがしていることと言えば、どうしても必要な

        書類の確認と署名だけだ。
        先代の反動なのかどうなのか、非常に感情豊かな当代の椿は、風流を愛する色ボケと化している。
        口を開けば背の君背の君と。もう少し仕事しろと言いたい。
        それでもそれを口にしない理由はわかっていて、やはりこれも甘やかしているというのだろうかと、改めてどうしようもない現状を鑑みた。
        空になったカップをソーサーごと横へどけて、とすんと椅子に背を預ける。


        「あー……」


        面倒くさい。
        けれどどれだけ面倒がろうと、書類の山が崩れることはない。
        自業自得かと改めて自分に言い聞かせて、くるりと指の上でペンを回した。

        もうじき、長身の秘書がやってくるだろう。
        クリスマス、年末、正月と続いた休み明け。どんな顔でやってくるのか、少し楽しみだ。
        本当はもう少し休みをやってもよかったのだが、早めにお休みをいただくのだから仕事始めくらい普通に来ます、と若干の苦笑交じりに返された。
        その苦笑が何に向けられていたのかはわからなかったが、あの秘書のそういった生真面目なところは嫌いではない。最近は色々とわかってきたらしく、声をかけてきたりコーヒーの出てくるタイミングが絶妙なものになりつつある。よく見ているというか、甲斐甲斐しいというか。

        くるくるとペンを回す手はそのままに、お年玉でも用意しておけばよかったかと膝を抱える。冬のボーナスは支給済みだが、なんだかんだで世話になっている秘書にはそのくらいしてもいいと思う。何より、あの歌声は何にも変えがたい。

        顔を見せたら、ミュージカルでもオペラでも好きかどうか尋ねてみることにする。一日の休暇と一枚のチケットくらいならば受け取ってくれるだろう。
        あるいはペアチケットのほうがいいだろうかと、時折嬉しそうに彼女の口からこぼれる名を思い出し、出勤時の様子を見て考えてみようと結論付けた。

        イベントの続いた休み明け。
        その表情は、きっと何より雄弁だろう。

        じきに青い髪を揺らしながらやってくるだろう彼女を思い浮かべて、たまには曲をリクエストさせてもらってもいいかもしれないと、わずかに頬を緩ませた。







        ◆ ◆ ◆ ◆ ◆




        何か書くのが久しぶりすぎて、本当にこれでいいのかわからない。

        おそらく初めてじゃないかと思うムスカリの話。
        こいつを書くと色々と裏話が出てくるのでちょっと楽しいです。

        ぽつぽつと出てくる先代たちの話。機会があったらちゃんと書いてみたい。
        ちなみにムスカリが廃人になりかけた記憶というのは、とことん数字を愛していた時代の記憶。情

        報量が半端なさすぎて、頭がぱーんしかけますた。
        便利屋感のあるムスカリの中でも、当代のムスカリは比較的スタンダードなタイプのムスカリ。

        色々と書き足りないことがあるので、こいつではまた書くかもしれない。

        小話小ネタ諸々 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あめよ - -
        あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花
        0


          春のやよいの このよき日 なによりうれしい ひな祭り

          やっぱりこの曲聴くと、雛祭りって気がしますね。
          すぎてるけど!!


          久しぶりにちゃんと記事書いた気がします。
          いや花は大好きです。なかなか更新できなくても大好きです。ぽーつばすきーえりあじすきー。
          カプ話書きたい。といつも言ってる気がするけど書きたい。
          しかし妄想だけで満足しちゃうんだよなぁと歳を実感。
          でもいざ書いてみると楽しくて、やっぱり好きだなぁと実感するわけです。


          しかしハピツリは懐かしい(笑
          ピクシブではこの前一騒動起こしてくれた例の人の昔の作品が好きでした。正直はぴ○ゅりはあんまり好きじゃなかった。
          ウサビッチのほうは純粋に好きだっただけに、人柄が残念すぎる残念だったのはすごく残念。
          ヲチも最初のうちはのぞいてたけど、もやもやしか残らなかったので最近はのぞいてません。でも乱されちゃっての語呂のよさは異常だと思います。

          某様のところの変え歌すごい(゚д゚)
          ああいうのは自分じゃまったくできないのでだいたいが見てるだけです。音感とかセンスってなんぞ^p^
          セーラーな桜が可愛くてにやけたけどまさかのミニスカニーソに驚いたww
          ?? な朝顔君が可愛らしいです(´∀`*)
          オリジナルがじわじわツボっててにやにやします。

          某様は更新頻度が高くて尊敬の念の中に混ざる萌え。
          まくはなさんかわいい!
          毎回イラストを拝見するたびに癒されます(´∀`*)
          ミサワの存在を忘れたころにミサワを見せ付けてくれるおじぎそう君はさすがだと思います(`・ω・´)

          某様のところの集合絵が圧巻。
          皆さんそれぞれでながめているのが楽しいですvV
          ベビーな瓢箪君を拾いたい。

          お忙しそうな方々もご自愛くださいませ!



          ではでは、雛祭りは過ぎてますが今更ですが少しだけ。
          うちの二人しかいないのでスルーおk。

          続きを読む >>
          小話小ネタ諸々 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あめよ - -
          SETSUBUN
          0


            何してたかって小説読んでました。
            だってね! 好きなサイトさんに増えてたリンク先にお邪魔したらね! そこの主人公がすごいかっこよくてね! 読んでた!!

            というわけでお久しぶりです。なんかもうまじすんません(土下座)
            好みのお話を見つけて一心不乱に読んでました。でもまだ読み終わってません。
            更新せねば更新せねばと思いつつも、気付けば次ページへボタンをぽちっとしているという罠。あの方引きがうますぎる。


            皆様のブログ等は拝見しつつ癒しをいただいております!
            衣装交換とか色々楽しすぎてにまにまです。
            漫画っぽいのとかみてると顔がにやけすぎておかしいことになります。
            絵描ける方うらやましすぎて! 自分の残念画力が残念すぎて泣きたくなります。

            お忙しい方が多いようですが、ご自愛くださいませ!
            ご帰還をお待ちしております(´∀`*)

            私も書く書くと言うばかりで何も書いてなくてほんと机に頭めり込ませたい思いです。
            しかしここ最近まともに文書いてなくて、何をどうかけばいいのか本気でわかりません。
            ブログのテンションさえ思い出せなくてどのくらいのノリで書いていいのかわかりません。
            本当に読み専になってる……。


            なのでリハビリがてらすっごい短いのを。
            これの流れ的な。すぎちゃいましたけどね!(泣
            ぽーちゃんが予想通り過ぎて噴いた。
            直リンにしちゃったんですが大丈夫でしょうか(汗

            続きを読む >>
            小話小ネタ諸々 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あめよ - -
            はっぴーはろうぃーん。
            0


              本当は零時ちょうどにあげたかったんだけど間に合いませんでした。
              31日ではあるしいいよね!

              一ヶ月くらい前から書かないとなぁと思ってはいたんだけども、実際書き始めたのは今日の夜だという。
              一行書いては寝転がり二行書いてはお茶を飲みにいく私は、十行書くのに二、三時間かかるのがデフォルトだったりする。超遅筆。


              せっかくのハロウィンなので仮装パーティー話でも書こうと思ったんですが、

              ハロウィンネタやろうぜ→びっくりするほど何コスプレさせるか思いつかないぜ→じゃあ妖怪でよくね→それすらも思いつかないぜ→いやハロウィンという枠組みのry→もう妖怪パロでいいや

              の流れでなんか妖怪パロになったので、嫌いな方は閲覧注意。

              1.妖怪パロというより陰陽師パロっぽい
              2.妖怪(花)達のご主人様(陰陽師)視点
              3.妄想の無法地帯
              4.むずむずする

              以上のことが許せるというお心の広い方はどうぞ。
              ちなみにほとんど有効活用できてないけど、

              椿→九尾の狐
              エリカ→大天狗
              桜→鬼
              アマリリス→ヴァンパイア
              ムスカリ→女郎蜘蛛

              となっております。
              陰陽師は誰か知らん。書きやすいタイプで書いてるので誰でもなければ個性もないです。
              名前変換のない名前変換小説的な感じでみていただれば。夢ってほどでもないしね。


              ではでは続きから〜。

              続きを読む >>
              小話小ネタ諸々 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あめよ - -
              | 1/6 | >>